施工管理求人サポート

COLUMN

年収1000万円は可能?1級・2級建築施工管理技士の年収を解説!

年収1000万円は可能? 1級・2級建築施工管理技士の年収.

「年収1000万円」、特に男性の方だと自身が働く際の野望や目標として設定される年収金額ではないでしょうか。
成人の年収1000万円と聞くと、医者や弁護士、トップ営業マンを想像されるかもしれませんが、
実際に施工管理技士で年収1000万円を超えるは可能です。

大台を超えるためには、資格の取得が必要になってきます。
本記事では、建築業界でのキャリアアップを目指すあなたに。
1級・2級施工管理技士の資格別年収から、1000万円プレイヤーになるポイントまで、具体的なステップを解説します。
この記事を読めば、あなたの収入アップが現実のものとなるかもしれません。

是非最後までご一読ください。

施工管理技士の仕事内容とは

施工管理技士とは、建築や土木工事が設計通りに、かつ安全に進むよう現場での工事を管理する専門家です。
工程管理、品質管理、安全管理、原価管理といった幅広い知識と技能が求められ、プロジェクトの成功は施工管理技士の腕前に大きく依存しています。

この職種は工事が行われる現場ごとに必要とされ、建設業界の中心的存在でもあります。

 

施工管理技士の役割と業務範囲

施工管理技士は、工事の品質を保つべく設計書通りに作業が行われているか監督します。

また、現場作業員の労働環境の安全を守り、事故の無いよう管理する役目も担い、工期とコストを抑えた効率的な作業進行を指揮します。

これら多岐にわたる業務を遂行するための専門知識と経験に大きな需要があり、供給が追いついていない事情があるため、年収も他の建設職種よりも高く設定されています。

 

建築現場における施工管理技士の重要性

建築現場では、計画の立案から竣工まで多くの専門家が関与しますが、特に施工の段階でプロジェクトを成功に導く重要なキーパーソンが施工管理技士です。

施工管理技士がいない現場では、建築物の安全性、品質、建築予算の適切な管理を保つことは困難になります。
このように、施工管理技士は建設業界でなくてはならない存在であり、その年収やキャリアパスは業界内外の多くの関心を集めています。

 

1級施工管理技士の年収について

1級施工管理技士は建築現場の最前線でプロジェクトの管理を行う重要な役割を果たします。

この資格を持つことはその専門性と希少性から年収に大きく影響を与え、高収入が期待される職業です。

 

1級施工管理技士の資格とは

1級施工管理技士の資格は、建築物の施工管理を行うために必要な最高位の国家資格です。
厳しい試験を通過することで得られるこの資格は、建築工事の計画、施工、監督などを行う専門性の高い知識と技能が要求されます。
受験するには、大学卒業後3年以上、2級施工管理技士取得後5年以上などの制限があります。
【参照】1級 建築施工管理技術検定のご案内 | 一般財団法人建設業振興基

 

1級施工管理技士の平均年収と市場価値

1級施工管理技士の平均年収は、経験や勤務企業の規模、地域によって大きく異なりますが、全国平均で約600万円から800万円の範囲にあります。また、大型プロジェクトや責任の大きいポジションでは、1000万円を超える年収を得ることも珍しくありません。
その理由は2級施工管理技士は工事種別ごとの主任技術者・専任技術者に就くことが許されますが、1級施工管理技士では建築一式工事の全ての工事における主任技術者・専任技術者に加えて監理技術者として工事を担当することが可能です。

1級資格者だけが務められる監理技術者は、大規模な工事に配置することが義務付けられています。

1級施工管理技士の年収を上げる要素

  • 経験年数とキャリアアップ

経験年数が多いほど、現場でのトラブルに対応できる能力が評価され、年収もそれに比例して上がる傾向にあります。
キャリアアップによってプロジェクトマネージャーや現場代理人など、より高い責任を持つポジションに就くことができます。

 

  • 地域による年収の違い

地域によって建設需要が異なるため、東京や大阪のような大都市では建築プロジェクトも数が多く、需要に対して供給が追いつかなくなるために、年収が高く設定される傾向があります。

 

  • 専門性や取得している他の資格

非常に専門性の高い分野を持っている1級施工管理技士は特に重宝されます。
また、1級施工管理技士と並行して他の建築関連資格を持っていると、より市場価値が高まります。

これらの要素を考慮しつつ、どのようにキャリアを積み上げていくかが、1級施工管理技士としての年収を決定する重要なポイントになります。

 

2級施工管理技士の年収について

2級施工管理技士の資格詳細

2級施工管理技士は、建設現場において主任技術者・専任技術者としての能力があることを証明する国家資格です。
1級と同様に取得には試験に合格する必要があります。受験資格には大学の専門学科卒業後1年以上の実務経験・職業能力開発促進法による技能検定合格者であるなどが必要です。
この資格を持つことで、幅広い建設プロジェクトで活躍することが可能となり、キャリア形成に重要なステップとされています。

【参照】2級 建築施工管理技術検定のご案内 | 一般財団法人建設業振興基金

 

2級施工管理技士の平均年収と初任給

2級施工管理技士の年収は経験や役職、企業規模によって異なりますが、平均的には約300万円から600万円程度の範囲です。
初任給は、地域や会社の規模、経営状況に左右されますが、一般的には20代前半で200万円台からスタートするケースが多いです。

 

2級施工管理技士から1級施工管理技士へのステップアップ

2級施工管理技士から1級施工管理技士へのステップアップは、年収アップの大きなチャンスと言えます。
1級施工管理技士には、より高度な知識と経験が求められるため、資格取得後の収入増に大きくつながります。
経験を積み、関連する専門知識を身につけていくことで、将来的には年収1000万円を超える可能性も十分に考えられるでしょう。

 

建築施工管理技士の年収アップのためのポイント

建築施工管理技士の年収を向上させるには、持っている資格だけではなく、その他のスキル向上や適切な転職戦略も重要です。

ここでは年収アップを実現するためのいくつかのポイントについてご紹介します。

 

資格以外のスキルアップ

建築施工管理技士が年収アップを目指す上で、資格所持は大きな武器となりますが、それと同時に、以下に述べるようなスキルの向上が不可欠です。

  • プロジェクトマネジメント能力の向上
  • 最新の建築技術や工法に対する理解を深める
  • コミュニケーション能力や指導力を強化する
  • コスト削減や効率的な工程管理の実践

資格のようなハードな面以外にも、上記のようなソフトな面も必要になってきます。
現場ごとに自身に積み上げられるものを着実に積んでいくことで自然と身についてくことでしょう。
ポイントは短期的な視点ではなく長期的な視点で仕事にあたることです。

 

転職市場における需要と供給

転職市場の動向も年収に大きく関わるため、需要と供給のバランスに注目することが重要です。

建築業界の動向、技術者の不足、プロジェクトの多様化などの情報を把握し、自分の市場価値を正しく評価することが必要です。
2024年により施工される法改正に伴って、建設業界は人手不足に嘆いており、現在は転職市場は盛りの時期を迎えています。

 

年収アップのための交渉術と転職のタイミング

適切なタイミングでの転職や昇給交渉も年収アップのカギとなります。

転職の際には実績やスキルを適切にアピールするとともに、伝え方を工夫する交渉術を駆使しましょう。

業界動向を見極めてベストな転職時期を見定めることが有効です。

 

年収1000万円を目指すためのキャリアパス

年収1000万円を目指す建築施工管理技士は、単に技術者としてのスキルを磨くだけではなく、管理職やプロジェクトリーダーといった上位ポジションを目指すことが必要です。

下記にキャリアアップにつながるポイントをまとめます。

 

  • 1級施工管理技士としての専門知識や経験を深化させる
  • 経営や財務に関する知識も身に付け、高度な管理職を目指す
  • キャリアプランを明確にして、目標を段階的に達成していく

 

    年収1000万円を目指すためのキャリアパス

    建設産業において、稼げる施工管理技士になるためには、道筋があります。

    ここでは、年収1000万円を目標にする施工管理技士がどのようなキャリアパスを歩むべきかを解説します。

    1級施工管理技士としてのキャリアプラン

    1級施工管理技士の資格は、高度な知識と経験が要求されるため、この資格を持つことでキャリアの幅が広がります。

    また、大規模プロジェクトの管理や高難易度な工事の責任者として活躍できるため、年収アップが見込まれます。

    ここでは、1級施工管理技士として幅広い経験を積み、求められるスキルセットの拡充や管理能力の向上を目指す具体的なプランを提案します。

     

    2級施工管理技士からのキャリアアップ方法

    2級施工管理技士は、小~中規模プロジェクトの施工管理を行う立場にあります。

    年収1000万円を目指すには、1級施工管理技士へのステップアップが必須です。
    例えば、技術士や建築士などの他の専門資格を持つことによって、より高度な専門性を身に付け、給与の交渉においても有利に働きます。
    これらの資格は職場やプロジェクトでの自身の価値を高める要素となり、収入増に直接繋がります。

    よくある質問:施工管理技士の年収

    資格がないと建築業界で働けないの?

    未保有でも働くことができます。
    建築業界には様々な職種があり、全てのポジションで資格が必須というわけではありません。
    しかし、施工管理技士の資格はキャリアアップや求人応募の際に有利に働くことは間違いありません。
    特に大規模なプロジェクトにおいては、1級や2級の資格を持つことが必須の場合が多いです。

     

    業種別での年収の違いあるの?

    建築、土木、設備など、施工管理技士が活躍する業種は多岐にわたります。
    業種や企業の規模により年収に違いはありますが、一般的には、スキルや経験が豊富な1級施工管理技士の方が高年収を得やすい傾向にあります。

     

    女性の施工管理技士は稼げるの?

    建築業界では、女性施工管理技士として現場リーダーを務めるられる方もおられます。
    性別による収入の差は少しずつ縮まってきており、実力主義が根付いてきているため、能力と実績が同じであれば男性施工管理技士と同等の収入を得ることも十分可能です。

    表:施工管理技士の資格保有者の平均年収※当社調べ

    区分 資格 平均年収 業界詳細
    1 1級施工管理技士 約600万円~1000万円 大型プロジェクトや管理職としての需要が多い
    2 2級施工管理技士 約400万円~700万円 中小規模プロジェクトや支援業務に従事
    3 無資格 約300万円~500万円 資格取得前の補助業務や現場作業など

     

    表は施工管理技士の資格による平均年収を示しており、明確に資格が給与に反映されていることが分かります。
    1級施工管理技士は特に高年収が期待できる資格であり、最も需要が高いとされています。

     

    施工管理への就職はレバキャリへ!

    残業への規制を主とした2024年4月に行われる法改正に伴い、建設業界は人手不足に直面しています。
    施工管理もその1つで現場監督者の人材不足解消の手段として、未経験者を採用し自社で経験を積ませて育てる方針を導入する企業が増えています。

    施工管理・建設業への就職・派遣求人はレバキャリにお任せください!
    レバキャリでは、最大年間休日125日、全社員残業30分/日以内、最大60万円の資格手当など、これまで3K(きつい・きたない・危険)のイメージが強かった建設業界を変える人材派遣業を展開しています。

    お金が欲しい。休みも欲しい。キャリアも欲しい。

    私たちレバキャリはそんな思いにもっと素直にもっと正直になっていいと考えています。

    未経験だから…女性だから…文系だから…は一切気にしていません。
    日本初の現場実習や資格取得費用の全額補助など自身のキャリアを伸ばせるチャンスを平等に提供しています。
    レバキャリで「あなたが欲しい。」と言われる喜びを見つけてみませんか?

    公式LINE友達登録

     

    このコラムを見た方は、以下も参考にしています。

    施工管理のやりがいと魅力とは?頑張れる理由に迫ってみた!
    【あなたはどっち?】施工管理に向いている人・向いていない人
    施工管理でのキャリアアップ戦略!長期的視点で描くキャリアプランの成功例