施工管理求人サポート

COLUMN

施工管理のやりがいと魅力とは?頑張れる理由に迫ってみた!

施工管理のやりがい・魅力とは? 頑張れる理由も紹介

これから施工管理を目指す方にとって、やりがいや魅力が気になってはいませんか?

本記事では「施工管理のやりがい・魅力」に焦点をあて、この仕事の基本から魅力までを解説します。
プロジェクトを成功へと導く責任感、達成感、社会貢献の実感など、この仕事独特のやりがいを知ってもらえると幸いです。

 

施工管理とは?基本的な仕事内容について

施工管理とは、建設プロジェクトが安全かつ効率的に進行させるために、現場で働く作業員の指揮やスケジュール管理、建造される建築物の品質管理、プロジェクト内のコスト管理といった業務を行い、
建設プロジェクトの成功に導く仕事です。

この章では、施工管理の職務について基本を分かりやすく解説していきます。

 

施工管理の役割とは?

施工管理者の主な役割は、プロジェクトが設計図通りに進むよう監督することです。
安全管理、工程管理、品質管理、環境管理など、建設現場での様々な管理業務が求められます。
また、関連する業者との調整や、問題が発生した際の迅速な対応も施工管理者の重要な仕事です。

日々の業務とは?

施工管理者の日々の業務には、朝礼での安全指導、工程表に基づく作業の進捗確認、現場での安全パトロール、各種書類の作成と管理、クライアントや協力業者とのミーティングが含まれます。

必要なスキルや知識は?

施工管理に求められるスキルには、問題解決能力、コミュニケーション能力、リーダーシップ、スケジューリング能力など、多岐にわたるスキルが求めらるほか、法規制や安全基準への深い理解も必要になります。建築や土木工学に関する専門知識が基本的です。

 

施工管理の魅力について

規模を問わず様々なプロジェクトに関われる

施工管理者は多種多様なプロジェクトに関わります。住宅から商業施設、鉄道や水道、電気設備といったインフラ整備に至るまで、プロジェクトの種類は幅広いです。

それぞれのプロジェクトで異なる課題があり、日々新しい知識を身に付けながら、新しい工法や技術を取り入れていくことができるのも魅力の一つです。

 

自身の成果が地図に残る

施工管理という仕事は、地図に残る建造物に関わる仕事が9割です。
その文字通り社会のインフラを支える重要な役割を担っています。
道路、橋、ビル、住宅など、人々の日常生活に欠かせない空間を形作るのが施工管理者です。
工事が無事に完了し、建物や構造物が立ち上がる瞬間は、自身の力が実を結んだ実感は他の仕事には味わえない、言葉にできない格別なものです。

 

自分の腕を試せる・磨き続けられる

プロジェクト全体を通して様々な技術的な課題に直面するため、自身に技術力や経験値が積み上がっていき、成長を実感できます。

専門的な知識以外にも、コミュニケーション力やリーダーシップが試される施工管理者は、お客様や現場スタッフ、外部業者の方など、様々な人達と連携し、プロジェクトを円滑に進めるためにコミュニケーションを図ります。
現場のモチベーションを高め、協力関係を築くことができるかといった個人の技量が、建造物の出来栄えや品質を大きく左右します。

 

施工管理のやりがいを感じる瞬間

施工管理の仕事は多くの困難と直面しながら、それを乗り越えた先に大きな達成感や満足感が得られるポジションです。

プロジェクト完遂時の達成感

施工管理における最大のやりがいは、何と言っても自身が関わった建築物の施工が完了したときの達成感です。
複雑なプロジェクトが無事に終わりを迎えると、長期間にわたる努力が形となって現れます。
現場での細かな調整や問題解決の末、目に見える成果が実現する瞬間は、施工管理者にとってこの上ない喜びになります。

技術力・交渉力の向上

施工管理業務を通じて技術力や交渉力が向上することも大きなやりがいとなります。
現場で起こる様々な問題を解決してゆく中で、施工管理者は自然と専門技術を磨き上げていきます。
加えて、関係者との円滑なコミュニケーションを通じて交渉力も鍛えられます。
これらのスキルアップはこれからのキャリア形成においても廃れない貴重な資産となります。

人々の生活に直接貢献する喜び・社会的意義

施工管理が関わる建築物やインフラは、多くの人々の生活に直接影響を与えます。
自分が携わった仕事が社会に役立っている実感を持てる点も、この職種ならではの魅力です。
道路、橋、住宅など身近な構造物が利用されるのを見るたびに、施工管理者としての誇りとやりがいを実感することでしょう。

 

施工管理に求められる人材とは

コミュニケーション能力

施工管理の現場では、多くの業者や職人と連携してプロジェクトを進めるため、円滑なコミュニケーション能力が必須です。
細かな指示出しや調整、状況の共有は、作業のミスを減らし、効率良く業務を進行させることができます。
また、共有や依頼をされた意図や背景は何なのか?を的確に捉えることで周りとの信頼関係の構築に繋がっていきます。
チーム内の調和を保ちつつプロジェクトを成功に導くには、高い人間関係スキルが求められるのが施工管理の特徴的な面でもあります。

問題解決能力

施工管理の仕事では予期せぬトラブルに直面することが少なくありません。
例えば、天候の影響で工期に遅延が発生したり、材料の納期に遅延が発生したりする場合があります。
そのようなときに焦らず冷静になって周りを見ながら、迅速かつ的確に状況を整理して、適切なアクションを行う能力が必要となります。
現場で生じる様々な問題に対して臨機応変に対処し、計画的な判断を下す力は施工管理者にとって不可欠なスキルです。

リーダーシップ

施工管理者はどのプロジェクトにおいても、中心として現場をリードし全体を見渡す役割を担います。
これには、優れたリーダーシップが求められ、現場作業員への適切な指示出しや、業務の効率化のためのアクション、事故やケガを未然に防ぐ安全管理などを統括するのも、施工管理の大切な役割です。
前述したトラブルが生じた場合にはその解決の指揮も執るべきで、決断力と責任感が強く求められるポジションです。

 

施工管理のキャリアパス

未経験からのスタート

施工管理の世界に新たに足を踏み入れたばかりの初心者には、基礎的な知識とスキルが求められます。
焦らず日々手に入れられるものを1つずつ着実に身に着けていきましょう。
現場での安全管理や品質管理、工程管理など施工の巧みなバランスを取りながら、プロジェクトを成功に導くための入門知識を身に付けることがスタートラインとなります。
一つ一つの経験が貴重な財産となり、日々の実務を通じて確実なスキルアップを目指していくことが必要です。

経験を積んでのキャリアアップ

施工管理者としてのさらなるキャリアアップを図るためには、多くのプロジェクトを経験し、その都度得られる知識やスキル、人脈を積み重ねていくことが大切です。
大型プロジェクトの管理、コスト削減や効率的な工程管理の実現など、様々な課題に直面しながらも、それを乗り越えることで自身の価値を高めていくことができます。
経験が豊富になるにつれ、より大きな現場の責任者やプロジェクトマネージャーへとステップアップしていく道も開けてきます。

資格を取得してより専門性を高める

施工管理の専門性を高めるためには、国家資格や業界団体が認定する資格の取得がとても有効に働きます。
例えば、「1級建築施工管理技士」や「1級土木施工管理技士」などの資格は、施工管理の分野で広く認知されている国家資格であり、高度な知識と技能を証明するものです。
これらの資格を持つことは、自身のキャリアの幅が広げて、より高度な施工管理技術の習得が求められるポジションに進むことができます。
施工管理者としての自己研鑽はもちろん、資格がキャリアパスを形成する重要な要素となり得ます。

 

実際の施工管理者から聞いてみた!施工管理の魅力とは?

現場からの生の声

多くの施工管理者が実際の現場で感じる喜びは、具体的な成果を目の当たりにすることです。あるプロジェクトが完成し、クライアントや使用者からの感謝の言葉を直接聞くことができる瞬間は、何物にも代えがたい達成感と誇りを与えてくれます。日々の努力が社会に貢献していると実感する時、施工管理者としての自信とモチベーションが高まります。

未来への展望

次世代の都市インフラや住宅の建設に関わることで、施工管理者は明るい未来への一石を投じています。

技術が進歩する中で新たな方法を学び、常に最先端を追求する環境は刺激的であり、将来に向けてのスキルアップにもつながります。

また、子供たちが使う学校や地域社会のための施設を建てることにより、自らが社会の発展に貢献している実感を強く感じるのです。

挑戦し続ける理由

施工管理の仕事は常に変化と進歩が求められます。

これまでの経験に頼るだけではなく、新しい建築材料や技術、法規制の変更などに対応していく必要があります。

そのためには、学び続け、柔軟に対応する姿勢が必要です。

このような挑戦を楽しむことができる人材が、施工管理という職種には向いています。

 

施工管理への就職・転職はレバキャリへ!

残業への規制を主とした2024年4月に行われる法改正に伴い、建設業界は人手不足に直面しています。
施工管理もその1つで現場監督者の人材不足解消の手段として、未経験者を採用し自社で経験を積ませて育てる方針を導入する企業が増えています。

施工管理・建設業への就職・派遣求人はレバキャリにお任せください!
レバキャリでは、最大年間休日125日、全社員残業30分/日以内、最大60万円の資格手当など
これまで3K(きつい・きたない・危険)のイメージが強かった建設業界を変える人材派遣業を展開しています。

お金が欲しい。休みも欲しい。キャリアも欲しい。

私たちレバキャリはそんな思いにもっと素直にもっと正直になっていいと考えています。

未経験だから…女性だから…文系だから…は一切気にしていません。
日本初の現場実習や資格取得費用の全額補助など自身のキャリアを伸ばせるチャンスを平等に提供しています。
レバキャリで「あなたが欲しい。」と言われる喜びを見つけてみませんか?

公式LINE友達登録

このコラムを見た方は、以下も参考にしています。

【女性・未経験必見】なぜ?施工管理はやめておけと言われるのか。

【あなたはどっち?】施工管理に向いている人・向いていない人
施工管理でのキャリアアップ戦略!長期的視点で描くキャリアプランの成功例