施工管理求人サポート

COLUMN

【女性・未経験必見】なぜ?施工管理はやめておけと言われるのか。

添付ファイルの詳細 【女性・未経験必見】-なぜ?施工管理はやめておけと言われるのか?

「施工管理はやめとけ」──これは一部で耳にする意見かもしれませんが、果たして本当にそうなのでしょうか?

この記事では、施工管理の仕事に対する否定的な意見に対し、その真偽に迫ります。
施工管理の現場での実態ややりがい、成功体験から、なぜ「やめとけ」と言われるのかについて解説しています。

施工管理を考える方やこれからのキャリア選択に迷っている方にとって、この記事が新しい視点を提供し、納得のいく選択をサポートする手助けになれば幸いです。

 

施工管理とは

施工管理は、建築プロジェクトにおける施工過程を計画、監督、実行する重要な役割です。
携わる建築物やインフラ設備が設計通りに、安全かつ効率的に建設されるためには、施工管理者の技術と知識が不可欠となります。
また、プロジェクトによっては人々の生活や社会インフラに大きな影響を与えるため、施工管理者には高い責任感と専門性が求められます。

 

施工管理の役割

施工管理者は、工程の進捗、品質、コスト、安全を管理しながら、プロジェクトを先導していきます。
これには、労働者の労務管理、機材や材料の調達、現場の安全確保といった多岐にわたる業務が含まれるため、各業務ごとに異なる知識や経験に加えて専門知識が必要になります。
難しい側面もありますが、建設プロジェクトの成功を左右するやりがいのある仕事で、なくてはならない仕事の1つと言えるでしょう。

施工管理者の仕事内容

施工管理者の仕事内容は多岐に渡りますが、主な業務としては、作業計画の立案、工程管理、安全管理、品質管理、コスト管理などがあります。
具体的には、建築基準法や関連する法規を遵守しつつ、作業工程や作業員の調整、工事現場の安全確保、予算内での工事の完了を目指します。
それぞれのプロジェクトごとに必要な専門知識があり、日々の技術進歩にも対応する必要があるため、常に学び続ける姿勢が要求されます。

 

 

なぜ?施工管理はやめとけと言われるのか?

現場監督というイメージが将来性を感じさせない

現場監督だけ聞くと安易に捉えられるかもしれませんが、施工管理の業務は非常に重責が伴い、多くの難しさがあります。
例えば、技術的な知識とスキルの必要性は高く、最新の建築基準法に関する知識や、異なる専門分野の協力を得ながらプロジェクトを進行する能力が求められます。
また、予期せぬトラブルへの対応、長時間労働によるストレスなども、施工管理者にとって避けられない難しさの一つです。

 

残業と休日出勤がある

施工管理は、決められた納期に工事を間に合わせないといけないために、納期が迫ってきたり、その日予定していた工程が完了しない場合には、残業や休日出勤が増える傾向にあります。
そのため、「残業が少ない」「休みが少ない」といわれることが多いです。

国土交通省が公表しているデータによると、2021年における年間実労働時間は全産業の平均よりも90時間多く、平均的な休日の取得状況は4週6休が最多で、週休2日の確保が難しい実情があります。
全産業と比べて建設業の労働時間は長いことが分かります。

【参考】国土交通省 建設業を巡る現状と課題

 

しかし、2016年に国土交通省から建設業における働き方改革が提言されており、週休2日の確保を推進する働きかけや、違反した事業者に対して6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金を科す働き方改革関連法の整備が進んでいます。

残業や休日出勤を避けたい場合は、「技術者派遣」として派遣会社に入社し、派遣先で施工管理として働くことをおススメ致します。

この場合、派遣元の会社と派遣先の会社は派遣契約を結んでいるため、派遣先の会社は残業手当を支払う義務があります。
派遣先の会社はできるだけ残業代を払いたくないため、派遣の場合は残業せずに早く帰れるような環境整備をしているところもあるため、残業などの時間外勤務が少ないケースが多いです。
契約上、残業代が必ず支払われるため、サービス残業が発生することもありません。

 

危険と隣り合わせ

施工管理の仕事は多岐にわたり、書類作成などのオフィスワークから工事現場での業務まで包括しています。
特に現場では、作業員の安全管理のための巡回や指示出しのために立ち入ることがあります。
高所での実際の作業や重い資材の運搬を行うことは基本的にありませんが、工事現場である以上、落下物や転落、転倒の危険が潜んでいます。
そのため、終日デスクワークの仕事に比べて危険が伴うと言えるでしょう。


マルチタスクで業務量が多い

施工管理者の仕事内容は多岐に渡りますが、主な業務としては、作業計画の立案、工程管理、安全管理、品質管理、コスト管理などがあるため、いずれかの業務に特化するのではなく、どの作業にもそれぞれ専門的な知識が必要になるため複数の仕事を同時に処理できる能力が求められます。
さらに、ただ業務をこなせばよいというわけではなく、現場作業員や職人をまとめるマネジメント能力や、発注者側とのコミュニケーション能力、トラブルが発生した時の問題解決能力等、様々なスキルが必要となります。
いずれも一朝一夕で身に着けられるものではなく、個人差はあれど業務を行っていくうちに身についていきます。
慣れるまでは、「大変だ」「つらい」と感じてしまうこともあるでしょう。

 

現場仕事のため体力が必要

施工管理は、現場で資材運搬といった肉体労働をすることは基本的にありませんが、やはり体力が必要な仕事です。
決まっている納期に間に合わせるために残業がありますが、中には朝早くから夜遅くまで働く場合もあるようです。
また、デスクワークから現場の管理、業者との打合せなど業務が多岐に渡ることと、建設現場での上り下りといった仕事中の移動が生じるため、
同じオフィスでデスクワークをしている仕事に比べると、体力が求められます。
さらに現場によっては、空調の効きが悪く夏は暑く、冬は寒いなど、寒暖差が激しく体調管理が苦手な方は向いていないといえます。
体力に自信が無い場合は「やめとけ」と言われることがあるかもしれません。


転勤がある

大手ゼネコンに入社すると、地方への転勤があることがあります。
家族がいる場合でも、単身での転勤が求められることもあります。
転勤の際は、社宅など会社からサポートがありますが、新しい場所へ行くことに不安やストレスを感じることがあります。

転勤がネックに感じる場合は、転勤のない企業で働くか、技術者派遣で仕事をすることをおすすめします。
技術者派遣の場合、自分の住んでいるエリアを考慮してプロジェクトが提案されるため、参加したプロジェクトが終わった後も、条件に合った別のプロジェクトが提案される可能性があります。

長時間労働とストレス

施工管理の仕事はプロジェクトベースのため、その日によって行われる業務が異なりマルチタスクに陥りやすい側面を抱えています。
おまけに、工期に追われる状況が常です。その結果、残業が多くなりがちで、長時間労働は避けられない実情があります。
厳しい納期による焦りによる人為的ミスやコスト管理が上手くいかないなど、工事現場は思わぬトラブルが起こることも珍しくなく、それに対応するための迅速な判断力と対応力が求められるため、精神的なストレスも大きくなります。
こいったことから肉体的にも精神的にも疲弊してしまう場合があります。

 

昔ながらの慣習がある

建設業界には、「肉体労働だからきついのは当たり前」「夜遅くまで仕事をするのは当たり前」等です。
古い考え方や価値観が色濃く残っている場合があります。
働き方改革やIT技術の取り入れにより、このような慣習や考え方も減ってきていますが
そのイメージが強いため「やめとけ」と思う方もいるようです。

 

施工管理に向いている人の特徴

人と話すことが好き

コミュニケーション力は施工管理者にとって不可欠なスキルです。
プロジェクトでは多様な建設作業員や職人さんなど、多くの人が関与するため、様々な人との会話のもと適切な情報伝達や問題解決が求められます。
人と話すことが好きな人は自分から進んで情報を取りに行きやすいため施工管理に向いています。


リーダーシップがある

施工管理者がプロジェクトを統括し、チームをまとめる必要があります。
方向性の確立、モチベーションの維持、仕事の割り当て、現場を代表して意思決定を行います。
プロジェクトへの解像度や決断力が求められるため、学生時代にリーダー職を担当していた経験は特に活かせることでしょう。


判断力・問題解決能力が高い

建設現場は日常的に様々な課題や問題に直面します。
そのため、迅速で冷静な判断力と問題解決能力が求められます。
複雑な状況や技術的な課題に対処するためには、的確な判断と即座の問題解決が不可欠です。

 

施工管理への就職・転職はレバキャリへ!

残業への規制を主とした2024年4月に行われる法改正に伴い、建設業界は人手不足に直面しています。
施工管理もその1つで現場監督者の人材不足解消の手段として、未経験者を採用し自社で経験を積ませて育てる方針を導入する企業が増えています。

施工管理・建設業への就職・派遣求人はレバキャリにお任せください!
レバキャリでは、最大年間休日125日、全社員残業30分/日以内、最大60万円の資格手当など、これまで3K(きつい・きたない・危険)のイメージが強かった建設業界を変える人材派遣業を展開しています。

お金が欲しい。休みも欲しい。キャリアも欲しい。

私たちレバキャリはそんな思いにもっと素直にもっと正直になっていいと考えています。

未経験だから…女性だから…文系だから…は一切気にしていません。
日本初の現場実習や資格取得費用の全額補助など自身のキャリアを伸ばせるチャンスを平等に提供しています。
レバキャリで「あなたが欲しい。」と言われる喜びを見つけてみませんか?

 

公式LINE友達登録

このコラムを見た方は、以下も参考にしています。

【あなたはどっち?】施工管理に向いている人・向いていない人

女性の施工管理が増加中!?良かった点やきつい点を解説してみた

施工管理のやりがいと魅力とは?頑張れる理由に迫ってみた!