施工管理求人サポート

COLUMN

【徹底解説】施工管理の4大管理について内容やポイントをご紹介!

【徹底解説】施工管理の仕事とは?四大管理の内容やポイント

はじめに

施工管理技士ってどんな仕事?

施工管理技士は建造物を建てる際に必要不可欠な仕事です。
プロジェクトを円滑に進められるか?建造物の品質は良いか?効果的な原価管理はできているか?
そして作業現場の安全性を保っていられるか?などは全て施工管理技士が推進していきます。
今もあなたの町や住まいの発展を陰で支えている仕事、それが施工管理技士です。

 

施工管理として行わなければならない4つの管理

施工管理の仕事内容に大切な要素に「4大管理」と呼ばれるものがあります。
工程管理、品質管理、原価管理、安全管理の四つの要素を指し、建設プロジェクトの成功には4大管理のバランスがとても重要です。

一重に施工管理といっても実は細かく分類されることが多く、言葉だけではわかりにくいことでしょう。
本記事は施工管理の4大管理をテーマに、施工管理技士に求められる職務内容を解説しています。
わかりやすさを心がけて書きましたので是非最後までご一読ください。

施工管理を構成する4大管理とは?

工程管理

工程管理は施工プロセスを効率的かつ合理的に進行させることを指します。
人材・物資・お金を的確に扱い、スケジュール通りにお客様に引き渡しができるように現場を進めていきます。
突発的な進捗報告を元にスケジュールの引き直して、プロジェクトの遅延を最小限に抑ええるために、効果的な施工計画を立てます。

 

工程管理の仕事内容

 

  • 明確なスケジュールを設定する
    各作業の開始と完了日を明確に設定し、いつに何を行うのか?解像度を上げていき、プロジェクトの遅れを未然に防ぎます。
  • リアルタイムで進捗を確認する
    プロジェクト進捗をリアルタイムでモニタリングし、遅れや問題が生じた際には素早い対応を行うことで、スケジュールの乱れを防ぎます。
  • リソースを適切な分配する
    作業に必要な人・モノ・お金を適切に配分し、無駄な待機時間を減らすことで、作業効率を向上させます。
  • 現場のコミュニケーションの強化を図る
    現場スタッフや他の施工管理技士とコミュニケーションを取り、ミスや誤解を未然に防ぎます。

工程管理のポイント!
良い工程管理を行うためには、計画の段階から実行、進捗確認、リソース分配までの一連のプロセスを適切に遂行する必要があります。
これには以下のポイントが重要です。

 

  • 計画を細かく設定する
    事前に詳細な計画を立て、各作業の依存関係やリソースの要件を正確に把握ておきましょう。
  • 柔軟性の確保する
    予期せぬトラブルにも柔軟に対応できるよう、計画に適切な余裕を設けて柔軟性を確保しましょう。
  • 適切にリスクを確保する
    予測可能なリスクに対する対策を講じ、リスクの発生時には即座に対処します。
    どれだけ細かく計画を立てられているか、柔軟性を確保できているかがカギになります。
  • 技術導入を促進する
    施工管理の技術は年々進歩しています。
    最新のプロジェクト管理ツールや技術を活用して、作業プロセスを最大限効率化できるように働きかけましょう。

 

品質管理

品質管理は施工物の完成度や性能を確保する、建造物の頭脳的な役割を担います。
厳格な品質基準を確立して、それを実行するために定期的な品質検査や改善策を実施します。
建設物の品質向上なくしてプロジェクトの成功は難しいです。

 

  • 厳格な基準を策定する
    品質基準を明確に設定し、作り上げた建造物が基準を満たすように管理します。
    品質基準とは、建物の仕上がり具合がどの程度なら合格で、お客様に引き渡しても良いかの基準になります。
  • 定期的に品質検査を行う。
    施工の各段階で品質検査を行い、問題が発生した場合には早期に修正することで、一気に行うのではなく、細かく検査を設けることで最終的な完成物の品質を担保します。
  • お客様との直接やり取りをする
    お客様に対して、物件の概要を説明し建造物の仕上がりに納得してもらうのも品質管理の大事な役割です。

 

品質管理のポイント!

 

  • 周りからの信頼を確保しておく
    完成した建物や施設が安全で信頼性のあるものかを左右する仕事なので、現場スタッフや他の施工管理技士やお客様に、何事も打ち明けられるようにしておきましょう。
  • 常にコスト意識を持っておく
    今の施工にどれくらいのお金がかかるのか、ここでトラブルが起きた場合の対処にはどれくらいかかるのかを意識しておきましょう。
    追加の修繕や再工事を未然に防ぎ、結果としてコスト削減につながります。

原価管理

原価管理はプロジェクトの資金を効果的かつ効率的に管理する役割を担います。
必要なコストを明確に把握し、無駄な出費を抑えることで、限られた予算内でのプロジェクト実施が可能となります。
計画通りに進行することで、予算が底をつきたり、追加予算をお願いするリスクを最小限に抑えます。

 

  • 予算を明確化する
    プロジェクトの初期段階で具体的かつ明確な予算を設定し、その予算に従ってプロジェクトを進行させます。
    これにより、無駄な支出や予期せぬコスト増加を防ぎます。
  • これからかかるお金を分析する
    プロジェクトの進行に伴って何にいくらお金がかかるのかや、想定外の支出が起こった際は、予算配分を見直すなど早期に対応します。
  • これまでかかったお金を記録する
    プロジェクトのコストを日々記録し、進捗に合わせて必要に応じて調整できるように働きかけます。

 

原価管理のポイント!

 

  • 適切に見積もりを取る
    見積もりに間違いがないかを都度確認し、確保するお金に差分が生じないようにしておきましょう。
    建設完了までに出ていくお金に近い、プロジェクト予算を策定することで、コストのコントロールが可能になります。
  • コスト意識を浸透させる
    現場スタッフにコスト削減の意識を浸透させることも大事な仕事です。
    お金を使わなければならないときに使えないといったことがないように無駄な支出を抑えるように働きかけましょう。
  • 下請け業者との協力体制を敷いておく
    下請け業者とも細かくコミュニケーションを図って、契約条件や支払いスケジュールを適切に管理することで、コストの抑制を可能にしましょう。

 

安全管理

安全管理は作業現場における労働者の安全を確保し、事故や怪我の作業現場の構築を目指します。
厳格な安全規定の策定と実行のもと、定期的な安全教育と訓練を行います。

 

  • 適切な訓練と教育を行う
    作業員には定期的に、現場内で起こったヒヤリハットの報告と予防対策を伝えることで、各現場スタッフに予防のための意識づけを行います。

  • 安全な作業環境の確保する
    5S「整理・整頓・清掃・清潔・躾(しつけ)」で現場の美化や働きやすさの向上に努めます。
  • 定期的な安全検査を実施する
    作業現場には、転倒や転落、物の落下などのけがや事故につながるリスクが常に付きまといます。
    そのために、工具の点検やスタッフが現場のルールを遂行できているかを確認します。

 

安全管理のポイント

 

  • IoTの利活用
    インターネット・オブ・シングス(IoT)技術を導入して、作業員の動きや体調管理を効率化し、ヒューマンエラーを事前に防止する取り組みが進んでいます。
  • デジタルの安全手引き、トレーニング
    デジタル技術を活用した安全手引きやトレーニングツールが導入され、効果的な安全教育が行われています。
    安全管理の最新動向に積極的に対応することで、より高い安全性を確保し、プロジェクトを成功に導きます。

 

まとめ

この記事では、施工管理という職業を構築する4大管理について解説しました。

工程管理、品質管理、原価管理、安全管理の4つを1つずつ着実に実行していき、お客様への引き渡し時に喜んでもらえることは言葉に表せないほど格別なものです。

この記事を参考にして、あなたの施工管理の理解が深まれば幸いです。

 

施工管理・建設業への就職・派遣求人はレバキャリへ!

施工管理・建設業への就職・派遣求人はレバキャリにお任せください!
レバキャリでは、最大年間休日125日、全社員残業30分/日以内、最大60万円の資格手当など、これまで3K(きつい・きたない・危険)のイメージが強かった建設業界を変える人材派遣業を展開しています。

お金が欲しい。休みも欲しい。キャリアも欲しい。

私たちレバキャリはそんな思いにもっと素直にもっと正直になっていいと考えています。

未経験だから…女性だから…文系だから…は一切気にしていません。
日本初の現場実習や資格取得費用の全額補助など自身のキャリアを伸ばせるチャンスを平等に提供しています。
レバキャリで「あなたが欲しい。」と言われる喜びを見つけてみませんか?

 

公式LINE友達登録

このコラムを見た方は、以下も参考にしています。

施工管理の7つの職種を徹底解説!あなたにピッタリの施工管理は?
施工管理のやりがいと魅力とは?頑張れる理由に迫ってみた!

【女性・未経験必見】なぜ?施工管理はやめておけと言われるのか。