施工管理求人サポート

COLUMN

電気施工管理が「やめとけ」と言われる理由は?職業の魅力も解説

電気施工管理は、電気工事を行う上で欠かせない現場を統括する重要な職務です。
近年、電気工事への需要は増加傾向にあるものの、長時間労働や低い給与などのイメージが先走りし

「電気施工はやめとけ」との声も聞かれます。

 

しかし、未経験でも挑戦可能で、頑張り次第で給与向上が期待できる他、
建設業以外にも、電力会社・不動産管理会社・家電量販店に至るまで
他業界においても活躍できる場があることから、他の建設職種に比べて幅の広い職種でもあります。

 

社会貢献性も高いなど、電気施工管理の魅力は多岐にわたり、IT・DXの進展や働き方改革が進むなか、
今後も電気施工管理の需要は拡大する見通しがあります。
本記事では、「電気施工管理がやめとけ」と言われる理由と共に、この職業の将来性や魅力について詳しく解説します。

 

 

電気施工管理とは

電気施工管理とは、電気工事プロジェクトの企画、設計、施工、メンテナンスまでをトータルに管理し、安全で高品質な電気設備を提供する専門家です。

電気工事現場における作業の監督、工程管理、品質管理、安全管理、コスト管理を行い、プロジェクトの成功を導く重要な役割を担います。

この職種に就くためには、電気施工管理技士という国家資格が必要で、電気工学に関する深い知識の他、

法規制や安全基準を熟知し、プロジェクトマネジメントスキルが求められます。

 

電気施工管理の役割

電気施工管理の主な役割は、電気工事が計画通りに、かつ安全に実施されるようにすることです。

詳細には、技術的な指導やアドバイスを提供すること、関連法規や安全基準に従って工事を進めること、

品質やコスト、工程を管理することが含まれます。

電気施工管理者は、プロジェクトの安全性と効率性を保証するために不可欠な存在です。

 

・電気施工管理が担う工事

  • 大規模な建築物や施設の電気工事
  • 工業施設の電気設備工事
  • 商業施設やオフィスビルの電気設備の改修・増設工事
  • 地域社会の公共施設の電気設備工事
  • 太陽光発電システムや風力発電の電気工事
  • 高層ビルや住宅複合施設の電気設備の設計・施工
  • 病院や医療機関の電気設備工事
  • 電気通信基地局の電気設備の計画・実施
  • 工業プラントや製造工場の電気制御システムの施工・保守
  • 地域の電力インフラの改修や新設工事

 

なぜ、電気施工管理技士は「やめとけ」と言われるのか?

先述したように、電気施工管理には多くの活躍の場がある一方で、
職業選択として「やめとけ」と言われる理由がいくつか存在します。

 

労働時間が長く、不安定な就業形態に陥ってしまう

電気施工管理者の労働時間は長い傾向があります。
建設業界では工期厳守で、遅延は基本的に許されません。
そのため、プロジェクトの締め切りを守るために、しばしば長時間労働を余儀なくされることがあります。
プロジェクトによっては、日中ではなく、夜間や週末の勤務も必要となることがあるため、

ワークライフバランスが崩れることも珍しくありません。

不安定な就業形態であるために、体に負担がかかってしまい継続して勤務することが難しい人が一定数います。

 

業務量の多さからストレスを抱えてしまう

電気施工管理の仕事は、プロジェクトの進行管理、予算管理、品質管理、安全管理を担うため大きな裁量が与えられます。

そのために、やらなければならない職務内容が多く、取引先との間にトラブルがあった際は精神的なストレスを抱えてしまうこともあります。
肉体的にも精神的にもストレスを抱えやすいことも、「やめとけ」と言われる要因の1つです。

 

電気施工管理の業務

  • 電気工事の工事計画を策定し、スケジュールや予算を調整する。
  • 電気設備の設計書を検証し、必要に応じて改善策を考え、提案する。
  • 施工現場での電気工事の進捗や品質を管理し、安全管理を行う。
  • 必要な電気資材や機器の調達を計画し、在庫管理を行う。
  • 施工作業者や協力会社の作業を監督し、安全かつ効率的な作業を推進する。
  • 安全な作業環境の維持や品質基準の遵守を確保し、適切な検査を行う。
  • プロジェクトの進捗状況を報告し、関係者との円滑なコミュニケーションを図る。
  • 電気工事に関する法令や規格を遵守し、プロジェクトが基準に準拠しているか確認する。
  • 予期せぬ問題が発生した際には、取引先と連携し事後処理を行う。
  • 顧客との要望や変更に対応し、プロジェクトの進行に関する調整を行う。

 

電気施工管理の魅力とは?

やめとけと言われる理由が根深い反面、電気施工管理のキャリアは多くの魅力を持っています。
専門性が高いだけでなく、社会的な需要も非常に高く、その結果、実は安定した仕事であると言えるのです。
以下では、この職業が持つ主な魅力について詳しく解説します。

 

将来性が非常に高く、長期的な目線で安定している

電気工事施工管理技士の職務は、将来性は非常に高いです。

その背景には主に以下の4つの要因が挙げられます。

 

  • あらゆる機械に電気が使われ始めている

    • 近年、あらゆる機械や設備が電動化されており、それに伴い電気工事の需要も拡大しています。
      オール電化やIoT、5Gの普及などがその一例です。
  • 建設業界の人材不足

    • 建設業界では人材不足が深刻で、現場でのスキルや知識を有する電気工事施工管理者の需要が増加しています。
      将来的には現役社員の高齢化も影響し、ますます人材不足が進む見込みであるため
      若いうちから積み上げたノウハウは、希少性が非常に高いものに成り得るでしょう。
  • 自然エネルギー事業の成長

    • カーボンニュートラルへの取り組みが進むなか、
    • 太陽光発電や風力発電などの自然エネルギー関連の電気工事が増加しています。
      これに伴い、電気施工管理技士の需要に対して供給が追いついていない現状があります。
  • 修繕・補修工事の需要増加

    • 住宅やマンションの老朽化が進む中、修繕や補修工事の需要が増加していることも要因の1つです。
      また、自然災害の発生に伴う復旧工事も増加傾向にあり、これらのプロジェクトにおいても電気工事施工管理者のスキルが必要不可欠です。

 

これらの要因から、電気工事施工管理者は今後ますます重要な存在となり、需要が拡大していくと予想されます。

 

AIに代替されない

近年、AIの成長が著しく、将来的には多くの仕事がAIロボットに取って代わられると言われています。

電車・車の運転士、工場勤務者、Webライターなどがその例として挙げられますが、

電気工事施工管理の仕事はAIが難しいとされています。

 

その理由は、電気工事施工管理には高度な知識と判断力、共同作業する職人たちと円滑なコミュニケーション力が不可欠だからです。

建設現場ではIT・IoT技術が積極的に導入されていますが、仕事が完全に自動化されることは予測されていません。

経験を積み、一流の電気工事施工管理技士になれば、将来にわたって価値あるキャリアを築けるでしょう。

 

未経験でも就業できる

未経験者にも大きなチャンスが広がっています。

これまでの説明からも分かる通り、電気工事施工管理者は将来的に需要が高まり、
多くの企業が新しい才能を発掘し育成する動きがあります。

 

そのため、電気工事施工管理の求人には未経験者を歓迎する企業も増えています。

専門の大学を卒業していない、建設業界での経験がないといった方でも、電気工事施工管理者を目指すことが可能です。

 

自身の頑張りで給与を上げていける

電気施工管理者として活躍する上で最も魅力的な資格があります。

電気工事施工管理の職に就くためには、電気工事施工管理技士の資格が必要です。

資格の取得には、一定時間の勉強が必要で、容易なものではありませんが

電気工事の需要が増加する中、資格取得者の価値は今まで以上に高まるでしょう。

 

これにより、良好な待遇を提供する企業への転職がしやすくなったり、資格手当が支給されるなど、
企業内外での評価が向上し、昇進の機会も増えるでしょう。

 

このような将来性や近況を鑑みると、電気施工管理技士の資格は一生物ともいえるでしょう。

 

プライベート重視の方は派遣がおススメです。

レバキャリは、建設業に特化した人材紹介と人材派遣の会社です。

きつい・汚い・危険といった3Kのイメージが強い業界ではありますが
私たちは【一人ひとりが主役 】になれる【 スキルアップがキャリアアップに直結する】
非常に魅力のある業界だと確信しています。

 

紹介予定派遣を利用することで、残業や土日出勤を限りなく抑えたうえで建設業に就業することが可能です。

お金が欲しい。休みも欲しい。キャリアも欲しい。

仕事探しを行う中で、このような思いを抱いてはいないでしょうか。
レバキャリではそんな思いに応えるべく、国内最高水準の福利厚生を完備!

 

\未経験者・性別不問!/
・年間休日最大125日で、充実したプライベートが過ごせる
・全社員残業1日30分以内、ワークライフバランスを保てる
・80時間以上の工事現場実習を完備しているため、ミスマッチが生じにくい

 

レバキャリでの仕事を通じて
企業から「欲しい」と言われる人材になりませんか?

公式LINE友達登録

これを見た方は以下の記事も参考にしています。

施工管理の7つの職種を徹底解説!あなたにピッタリの施工管理は?

【徹底解説】施工管理の4大管理について内容やポイントをご紹介!

施工管理でのキャリアアップ戦略!長期的視点で描くキャリアプランの成功例