施工管理求人サポート

COLUMN

CADオペレーターの年収は低い?理由や将来性を解説

CADオペレーター 年収 低い

CADオペレーターの年収と聞くと、「低い」「低そう」というイメージを持たれがちではないでしょうか。

 

このページでは、「CADオペレーターの年収」をテーマに、
CADオペレーターの給与事情や低い印象の背景に加えて、より魅力的な給与を手に入れるための方法を解説します。

 

CADオペレーターとしてのキャリアを考えている
今後のキャリアアップを考えている方は是非参考にしていただければと思います。

 

CADオペレーターとは

CADオペレーターとは、CAD(Computer Aided Design)と呼ばれるコンピューター支援設計ソフトウェアを使用して、

建築物や機械などの設計図を作成、編集する専門職のことです。

 

この職種は、設計者が考えたアイデアや構想を具体的な図面として形にする役割を担っています。

設計図の作成はもちろんのこと、時には設計の初期段階から参加し、

設計者のアイデアを形にするための提案や改善点のアドバイスを行うこともあります。

 

CADオペレーターの仕事内容

CADオペレーターの主な役割は、設計図のデータ化とその編集にあります。

具体的には、建築や機械設計などの分野で、設計者の指示に基づき、詳細な図面を作成します。

 

この過程で、CADソフトウェアの高度な機能を駆使して、正確かつ効率的に作業を進める技術が求められます。

また、CADオペレーターは設計変更があった場合に迅速に図面を修正し、

プロジェクトがスムーズに進行するようサポートすることも重要な仕事の1つです。

CADオペレーターに求められるスキル

CADオペレーターには、CADソフトウェアを深く理解し、操作するための高度な技術能力が必要です。

特に、AutoCAD、Revit、SolidWorksなど、分野ごとに特化したソフトウェアの知識と操作スキルが求められます。

 

さらに、図面が実際の建築物や製品に適応できるように、基本的な工学知識や読図能力も不可欠です。
デスクに座ってひとりで黙々と励む仕事のイメージが強いかもしれませんが

効率よく作業を進めるためには、チームとのコミュニケーション能力や、細部にわたる注意深さも欠かせません。

 

CADオペレーターの年収

CADオペレーターの年収は、正社員か派遣かといった就業体系や
業界によって差があることが一般的です。

 

正社員での年収

正社員としてのCADオペレーターの給与は、安定しています。

経験やスキル、勤務地や業界、年齢によっても変動しますが、平均的な年収は300万円から500万円の範囲に収まります。

厚生労働省が提供している「職業情報提供サイトjobtag」によると、平均年収は461.8万円です。

 

年齢による給与の違いもありますが、正社員としての雇用は福利厚生や昇給、賞与などの各種利点が存在し、

長期的なキャリア形成をお考えの方にとって魅力的な選択となるでしょう。

また、一定の業務量や責任を負うため、スキルアップの機会も豊富に存在するのが特徴です。

 

【参照】CADオペレーター|「職業情報提供サイトjobtag」

 

派遣での年収

派遣で働くCADオペレーターの給与は、通常、正社員と比べてやや低く設定されることがあります。

月給の平均は20万円から30万円ほどであり、年収に換算すると240万円から360万円程度です。

 

ただし、派遣の雇用形態の利点は、即戦力として活躍できる機会が多いことです。

未経験者や経験が浅い方でも、様々なプロジェクトで経験を積むことができるため

経験値を積み上げるという点では魅力的と言えます。

 

派遣は短期的な契約やプロジェクトベースの雇用が中心ですので、

業界に特化するわけではなく、異なる業界やプロジェクトに携わることができる点も魅力的です。

 

総じて言えることは、CADオペレーターの年収は雇用形態や経験、スキルによって大きく変動するということです。

自分のキャリアやライフスタイルに合わせて、自分に合った選択を心がけましょう。

 

業界ごとの年収

CADオペレーターの活躍の場は

建築、土木、機械、電気電子など、その活躍の場は多岐にわたりますが

業界ごとの年収の違いは、業界の経済状況やプロジェクトの予算規模、

そして専門性の高さによって大きく左右されます。

 

業界 平均年収
建築 約300万円〜500万円
土木 約350万円〜550万円
機械 約400万円〜600万円
電気電子 約450万円〜650万円

 

上記の表からもわかる通り、CADオペレーターの年収はその専門分野によって大きく異なります。

電気電子分野では比較的高収入が見込める一方で、建築分野ではやや低めの傾向にあります。

 

これは、各業界のプロジェクト規模や必要とされる専門技術のレベル、

そして市場の需要と供給のバランスに大きな影響を受けているためです。

 

CADオペレーターの年収が低いと言われる理由

技術を手に入れやすく、未経験からでも挑戦できるから

CADオペレーターの年収が低い主な理由の一つに、技術の手に入れやすさがあります。

CADソフトウェアの発展により、業務内容が均一化され、これまで必要とされていた専門性が薄れがちになりました。

 

これにより、CADオペレーションの仕事は、特定の高度なスキルを必要とすることが少なくなり、

より一般的なスキルで対応できるようになりました。

 

さらに、低コストで作業を行うために、企業は外部の協力会社や海外のオペレーターに外注化する傾向が強まっています。

これらを背景に、CADオペレーターの仕事の価値が低く見えてしまうことから、
年収が低いと言われる理由の1つになります。

 

経歴や扱えるソフトによって差が出やすいから

一般な職種だと経験年数とスキル、成果などと年収が比例関係にあります。

 

CADオペレーターにおいてはこの傾向が見られにくいのが特徴です。

前述のように、CADオペレーターのスキルが比較的習得しやすいものであるため、

短期間でも高いレベルのスキルを身につけることが可能なためです。

 

その結果、ただ経験年数が長いというだけでは、高い年収を得ることが難しくなり、

扱えるソフトを増やしたり、特定の業界に特化してキャリアを積むことによって
スキルアップやキャリアアップに積極的に取り組む姿勢が求められます。

 

また、CADオペレーターとしてのキャリアパスが限定的な場合が多く、

高い技術や管理能力を持っていても、それを活かす場が少ないのが現実です。

 

CADオペレーターに将来性はある?

CADオペレーターの将来性について考える際、技術革新の影響を無視することはできません。

技術が進化することで、CADオペレーターの業務範囲や求められるスキルも変化していきます。

 

建設業においても、プロジェクト数に増加と複雑化に伴い、

高度なCADスキルを持った専門家への需要が高まっていることから
将来性のある職種と言えます。

 

特に建設(住宅)分野では、令和3年以降の建築戸数は増加しており、

この動向から、設計やデザインのスキルを身につけておけば、

仕事の範囲が飛躍的に広がる可能性が高まっています。

※引用元:国土交通省 【住宅】 構造別着工戸数 

 

CADオペレーターとしての年収を高めるには?

CADオペレーターがスキルを磨き、より高度なCAD技術を身につけることは、キャリアアップに繋がります。

 

例えば、建築設計におけるプロジェクトリーダーやマネージャーへの昇格、

またはCADソフトのトレーニングインストラクターやコンサルタントとして独立する道も考えられます。

このようなキャリアパスを描くことができると、収入の向上にも直結します。

 

CAD以外に関連する資格を獲得する

CADオペレーターとしての基本的なスキルはもちろんですが、

特定の専門分野において深い知識や経験を積むことで、自身の価値を高めることができます。

 

CADオペレーターの資格はCADのスキルを証明する点では重要ですが、年収の向上には限りがあります。

例えば、建築士やインテリアコーディネーターなど、CAD以外で自身の仕事と関連する専門スキルを持つことで、

専門家としての需要が増し、それに伴って年収も向上させやすくなります。

 

これによって、高度なプロジェクトに参加する機会が増え、結果として高い収入を得ることができるでしょう。

 

扱えるCADソフトを増やす

CADソフトウェアは多岐にわたり、それぞれ独自の機能や操作方法があります。

複数のソフトを使いこなすことで、様々なプロジェクトに対応でき、市場価値も向上します。

 

特に最近では、BIMソフトウェアの重要性が高まっており、

これをマスターすることはCADオペレーターの市場価値を飛躍的に向上させる要素となっています。

 

また、異なるソフトウェアを組み合わせて活用することで、複雑なタスクにも柔軟に対応できるスキルが向上します。

 

CADオペレーターとして長期的に成功するためには、設計やデザイン、

新しいソフトウェアの取り扱いに熟練したスキルが不可欠です。

一定のスキルを身につけることで、活躍できる業界は広いため、将来的にも食べていける職種と言えるでしょう。

 

好待遇のCADオペレーター求人はレバキャリにお任せください。

レバキャリは、建設業に特化した人材紹介と人材派遣の会社です。

 

きつい・汚い・危険といった3Kのイメージが強い業界ではありますが
私たちは【一人ひとりが主役 】になれる【 スキルアップがキャリアアップに直結する】
非常に魅力のある業界だと確信しています。

紹介予定派遣を利用することで、残業や土日出勤を限りなく抑えたうえで建設業に就業することが可能です。

お金が欲しい。休みも欲しい。キャリアも欲しい。

仕事探しを行う中で、このような思いを抱いてはいないでしょうか。
レバキャリではそんな思いに応えるべく、国内最高水準の福利厚生を完備!

 

\未経験者・性別不問!/
・年間休日最大125日で、充実したプライベートが過ごせる
・全社員残業1日30分以内、ワークライフバランスを保てる
・80時間以上の工事現場実習を完備しているため、ミスマッチが生じにくい

 

レバキャリでの仕事を通じて
企業から「欲しい」と言われる人材になりませんか?

公式LINE友達登録

これを見た方は以下の記事も参考にしています。

建設業界の今後はどうなる?将来性・求められる人材について

施工管理でのキャリアアップ戦略!長期的視点で描くキャリアプランの成功例

年収1000万円は可能?1級・2級建築施工管理技士の年収を解説!